お車でお越しの方はこちら

〒500-8345
岐阜県岐阜市菊地町2-41

TEL:058-274-9600

岐阜県/岐阜市/デイケア/もの忘れ外来/精神科/神経科/心療内科/平林クリニック

ADHD
(注意疾患・多動性障害)

MOBILE
HOME»  ADHD(注意疾患・多動性障害)

成人のADHDについて

ADHDとは、Attention-Deficit/Hyperactivity Disorderの略で、日本語では注意欠如・多動症と呼ばれる病気で、年齢あるいは発達に不釣り合いな「不注意」や「多動性」「衝動性」を特徴とする発達障害で、日常活動や学習に支障をきたす状態をいいます。
「不注意」とは集中力が続かない・気が散りやすい・忘れっぽいなど、「多動性」とはじっとしていることが苦手で、落ち着きがないなど、「衝動性」とは思いついた行動を、行ってもよいか考える前に実行してしまうといった状態を指します。こうした行動は多かれ少なかれ誰にでも見られますが、症状によって幼少時に日常活動(学習・家庭生活・友人関係など)
に問題があり、それが持続している場合には大人のADHDと診断されます。
以下に日常生活でよく見られる症状を紹介します。

1.職場や学校で

「不注意」による症状
  • 会議や仕事、授業や勉強に集中しにくい
  • 仕事や課題に必要な物をなくしてしまう、忘れる、締め切りに間に合わない
  • 仕事や課題をケアレスミスがよくみられる、最後までやり遂げることが難しい
「多動性」による症状
  • 会議中や仕事中、授業中や勉強中に落ち着かず、ソワソワしてしまう
  • 貧乏ゆすりや机を指先で叩くなどの癖が止められない
「衝動性」の症状
  • 会議中、授業中に不用意な発言をしてしまう
  • 思ったことをよく考えずに言動に移してしまう

2.家庭で

「不注意」による症状
  • 部屋が片付けられない
  • 外出の準備がいつも間に合わない
  • 家事を効率よくこなせない
  • お金の管理が下手
「多動性」による症状
  • 家事をしているときに別のことに気を取られやすい
  • おしゃべりに夢中になって家事を忘れてしまう
「衝動性」の症状
  • 衝動買いしてしまう
  • 言いたいことをガマンしてイライラする

3.人間関係

「不注意」による症状
  • 約束の時間にいつも間に合わない
  • 約束を忘れてしまう
  • 人の話を集中して聞けない
「多動性」による症状
  • おしゃべりを始めると止まらない
  • 自分のことばかりしゃべってしまう
「衝動性」の症状
  • 衝動的に人を傷つけるような発言をしてしまう
  • 些細なことでもつい叱責してしまう

診断と治療について

ADHDの診断は問診により、詳しい病歴を伺い、ADHDと間違えられやすい病気を除外して行われます。このため、初診時には子供の頃の情報をご両親などからできるだけ多く集めて頂けると助かります。自己記入式の症状チェックリストを用い、知能検査(WAISⅢ)などを行い、診断をつけていきます。

ADHDと診断がついたら、まずは、話し合って治療目標を立てます。治療の目標は、症状を完全になくすことではなく、程度や頻度を改善することでご本人が生き生きとした日常生活を送っていただくことです。症状が強い場合には、お薬を併用することも有効です。

PAGE TOP