お車でお越しの方はこちら

〒500-8345
岐阜県岐阜市菊地町2-41

TEL:058-274-9600

岐阜県/岐阜市/デイケア/もの忘れ外来/精神科/神経科/心療内科/平林クリニック

MCIスクリーニング
(軽度認知障害)

MOBILE
HOME»  MCIスクリーニング(軽度認知障害)

MCIスクリーニング・APOE遺伝子検査について

1.MCI(軽度認知障害)とは?

MCI(軽度認知障害)とは、健常者と認知症の中間の段階を指します。日常生活は問題なく過ごすことが出来ていますが、何もしなければ約5年で半数以上は認知症に進行すると言われています。最近の研究ではMCIの段階で適切な治療を受ければ、認知症の発症を防いだり、遅らせたりすることが出来ると分かっています。

2.MCIスクリーニング検査とは?

認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症は、アミロイドβペプチドというタンパク質が脳に蓄積し、神経細胞に障害を与えることが原因と言われています。そこでこのアミロイドβペプチドに関連する血液中の特定のタンパク質を調べます。これがMCIスクリーニング検査です。この検査によりMCIのリスクをはかる血液検査です。50歳以上の方にお勧めします。

3.APOE遺伝子検査とは?

アミロイドβペプチドの蓄積や凝集に関わる物質のひとつがアポリポタンパク質Eと言います。それを司るAPOE遺伝子の型を調べることにより、将来アルツハイマー型認知症の発症のリスクを知ることが出来る血液検査です。年齢に関係なく検査を受けることが出来ます。

4.検査の流れ

まずは電話で初診の予約をお願いします。診察に先立ちまして、「もの忘れ」の程度をはかる検査をさせて頂きます。その後、診察をさせて頂きます。ここでMCIスクリーニング検査、APOE検査の説明をさせて頂きます。採血後、およそ2~3週間で結果が出ますので、再診時に結果の説明と対策についての話をさせて頂きます。MCIスクリーニング検査は1~2年に1回、APOE遺伝子検査は1回のみとなります。

PAGE TOP